めいちゃん情報 11月12日(土)20時

めいちゃん情報 - - harness

10日目

情報はありません。

貴重な休日を捜索に使ってくださった方

ありがとうございました。

 

めいちゃんは、2011年3月11日 東日本大震災で被災。

福島第一原子力発電所事故により、

飼い主はペットの受け入れができようになるまでと、

断腸の思いで自宅に置いて、避難所生活を強いられました。

しかし、20キロ圏内は立ち入り禁止となり

ペットの世話のために帰宅できなりました。

家の中に入れたままだったり、

繋がれたりしたペットは餓死。

 

外に解き放たれたペットは、必死で家を守り、

また、飼い主を見つけるため彷徨っていました。

 

そんな被災したペットを助ける活動が始まり、

めいちゃんは、福島県双葉郡浪江町で保護されました。

しかし、飼い主さんと再会はできませんでした。



 

めいちゃん情報 11月13日(日)20時

めいちゃん情報 - - harness

11日目

前日の0時前に白犬を見かけたという情報があり

急行しましたが、いません。

どうも、和田島町あたりに白い野良犬がいて

その子に振り回されているようです…

その子は、保護しようにも逃げてしまうそうです。

 

実は、捜索地域を絞っています。

ありがたいことに、こんな連絡をいただきました。

透視・霊視でしょうか。

このブログをご覧の方で、

この地区の方や、この地域に知人がいる方は

気にかけてくださるとありがたいです。

ただし、白い野良犬の出没する地域です。

 

以下、いただいた情報原文のままで

 

 

ちょっとリーディングをしてみたので、捜索範囲を広げてもらえませんか?
小松島市和田島町松田新田から逃走
周辺地図

http://yahoo.jp/M6_-meF
を拡大してもらって・・。
坂野町高塚、浜田、本道、野房、神長
江藤病院隣の川を(地図で右の方に沿って・・)
坂野の方に探してもらえませんか?
どうも・・歯科医から出て・・大きな道をすぐに左に(海側じゃなく地図の右側に向かって)歩いたような気がします。
その道をまっすぐ行くと江藤病院隣の川あたりに到達しますので、
そのあたり・・少し広い範囲ですが・・空き家、空き倉庫、資材置き場、高齢者のお宅の濡れない場所に潜んでいる可能性があります。
そのあたりを捜索してもらえませんか?
一軒一軒、チラシを渡してみたら連絡をもらえるようにお願いしてみてください。
人なつっこいので、優しくしてくれたら、そんなに遠くには行ってないと思うのです・・。でも・・住所的には・・坂野。または和田島との境。
そのあたりを捜索してあげてください。
頑張ってくださいね。
捜索して下さってる方にお伝えください。
よろしくお願いいたします。
寒くなりましたし、ワンちゃんも・・探してる方も大変だと思います。
頑張ってくださいね。
思うのですが・・高齢者の一人暮らし。ネットは全然しない。買い物もほとんど行かない・・デイか・・訪問看護やヘルパーさんに時々来てもらってる方。
そんな方が優しく保護してくれてるような気がします。
そんなお宅の庭先などを見せてもらって捜索してくださいね。
応援しています!!

 

めいちゃん情報 11月14日(月)19時30分

めいちゃん情報 - - harness

12日目

情報ありません。

 

昨日も、チラシを貼ったり、配布してくださった方

ありがとうございました。

 

ご家族も時間を見つけて奔走されています。

多くの方が、事情をご存知のようで

励ましの声に支えられていると、おっしゃっていました。

 

土地柄、顔見知りの方が多いので、

めいちゃんも見つかりやすと思っていました。

しかし、一向に手がかりがありません。

 

そろそろ、ボランティアの皆さんを巻き込んだ

「大掛かりな捜索は止める」という声を

家族から出さないといけないと言われてます。

 

ご家族の気持ちもわかります。

お手伝いしてくださる方の気持ちもわかります。

皆さん、どうぞ無理なさらないでください。

 

 

めいちゃん情報 11月15日(火)21時

めいちゃん情報 - - harness

13日目

午後5時ごろ、ご近所さんから

めいちゃんによく似た白犬を見たと情報がありました。

すぐに行ってみましたが、

草むらに逃げ込み確認できませんでした。

ご近所さんは、よく散歩中のめいちゃんを見かけていたので

背中の茶色具合や、尻尾がくるりと巻いて、

先が少し茶色いこともご存知でした。

 

家族の呼びかけに逃げるはずないのに…

やはり違う犬か…

野良犬のシロ君でしょうか?

(白いオスの野良犬は、シロ君と命名)

めいちゃん、シロ君いずれにしろ

パンを置いてきたそうです。

パンはめいちゃんの大好物のひとつ。

制限しながら食べさせていたけど、

お腹を空かせて帰ってきたら、

いっぱい食べさせるそうです。

 

お母さんは自分を責めてばかりです。

最近、初孫ができ、嫉妬で家出したのだろうか?

何か辛いことがあったのに、気づいてやれなかったのか?

 

 

いいえ、そんなことありませんよ。

いつも、綺麗にしてもらい、

おしゃれな服を着せてもらい、

健康に気を使っていました。

朝、1時間かけて散歩していました。

 

じゃあ、何故いなくなったのか。

答えが出せません…

 

 

めいちゃん情報 11月16日(水)19時30分

めいちゃん情報 - - harness

今日で14日目

2週間が過ぎようとしています。

 

2件情報がありました。

自宅から20km以上離れている阿波福井駅に

一週間前から白い犬を見かけるという情報。

実は、いなくなった当初も同じ情報があり

詳しく調べていただいたところ

めいちゃんがいなくなる以前から出没しているそうです。

気にかけて、ご連絡くださり

誠にありがとうございます。

 

 

もう一件は、昨日紹介したのとは別のご近所さんです。

午前0時、庭先に繋いでいる飼い犬の所へ遊びに来ていた。

保護しようとしたら、柵を飛び越え遠くへ逃げたそうです。

普段から見ているので、絶対にめいちゃんに間違いない!

 

めいちゃんか?

柵を飛び越えるくらい元気なのですね?

 

 

 

 

めいちゃん情報 11月17日(木)19時

めいちゃん情報 - - harness

 

15日目

情報はありません。

まさか、こんな状況になるとは夢にも思いませんでした。 

 

クローバー

 

なぜ、私たち盲導犬の育成団体が、被災犬を探しているのか。

不思議に思われている方も多いでしょう。

めいちゃんと福崎さんの出会いをお伝えします。

 
2012年2月

福島県の要請を受け、震災で飼い主不明、

または、飼い主が飼育困難で、

手放さなければならない事情の犬8匹が

徳島県動物愛護管理センターを通じてやって来ました。

被災地の近隣自治体では一時預かりですが

徳島県で受け入れる犬は所有権を

放棄しなければならなかった子ばかりです。

放射線量を測定し、健康診断・避妊去勢の手術を受け

3月に譲渡会が行われることになりました。

 

当会は動物愛護推進協議会委員でもあるので、

幸せになれる引き受け先を探していました。

 

福崎さんはソーイングボランティアのメンバーであり、

引退犬ボランティア。

盲導犬を引退したイブと、フレッシュの2頭を引き受け

最期まで責任を持ってお世話をして下さいました。

 

ちょうどそのころ、フレッシュがいなくなり寂しいので、

次の引退犬を引き取りたいと申し出がありました。

 

被災犬を受け入れる話は、すぐにまとまりました。

 

 

 

めいちゃん情報 11月18日(金)18時30分

めいちゃん情報 - - harness

16日目

情報はありません。

 

クローバー

 

福島県からやって来た被災犬は、

一ヶ月間、動物愛護管理センターや獣医師会が預かり

譲渡の準備が進められました。

福崎さんは、申請を出し面接を済ませ受け入れ態勢を整えました。

 

事前に一匹ずつ写真入りで紹介され

譲渡の日にちが3月10日日曜日と決まりました。

 

福崎家にとって、その日は外せない行事があり

出向くことができなくなりました。

公平を期すため事前に受け入れることもできず、

譲渡日に行くしかありません。

そこで、私(杉井)が代理出席することになりました。

 

福崎家の子供たちは紹介された写真を見て

「お気に入りワンコベスト3」を決めていました。

 

「わかった!おばちゃんに任せとき。

 絶対その3匹の中からもらってくるからね」

 

子供たちから、丸で囲まれた犬の資料を受け取りました。

 

 

ラブラドール風?お耳のめいちゃん

 

 

 

めいちゃん情報 11月19日(土)23時30分

めいちゃん情報 - - harness

17日目

情報ありません。

 

クローバー

 

譲渡会当日

預かった「お気に入りワンコベスト3」の

紙を握りしめ、その犬たちの前へ。

まず、1位の犬から…あれ?なんか違うわ。

2位…いや、この子とも違う。

3位…全然違う。      

何が違うかって? 直感⁈  

根拠のない、説明できない何かが違うのです。

福崎家へご縁のある子は、この子たちではない。

困った…どうしよう…

 

全部の犬たちが見渡せる所までさがった。

福島県から8匹やってきたが、

まだ躾が必要な1匹を除いて7匹が並んでいる。

どの子も、怯えて不安な目をしている。

不安を隠すため吠える子。

「お願い連れて帰って」尻尾を振りアピールする子。

体を丸めて震えている子。

可哀想に…

みんな、あの日がくるまで幸せだったんだろうな。

6家族がお目当の犬たちを覗き込んでいる。

福崎家を入れて7家族。ぴったり!

みんな今日から幸せになれる。

本当に良かったなぁと、しみじみ思った。

 

さて…どうしたものか。

端から犬たちを順番に見た。

その時、白い犬と視線があった。

あっ、いた!あの子だ!

視線の合ったまま近づいた。

そばまで行くと白犬はプイっと目を逸らした。

 

「私にかまわないで」

 

めいちゃん情報 11月20日(日)22時30分

めいちゃん情報 - - harness

18日目

今日も情報はありません。

 

クローバー

 

めいちゃんが福崎家へやってきた続きです。

 

白犬は人間不信に陥っているのか、誰も寄せ付けない。

姿勢を低くして寄り添ってみた。

「いいから、どこかへ行って」

視線の端っこに私を捉え、どこか遠くを見ている。

そ〜と手を出すと震えだした。

「もう、お願いだからどこかへ消えて」

白犬は目を合わせようとしてくれなかった。

 

その時「はい、お見合いの時間は終わりです。

一旦犬から離れて家族で相談して決めてください」

子供連れの家族は、子供の意見が尊重されてた。

初老の夫妻は、揉めている様子。

そして、私は白犬に決めたけど福崎家の子供たちに、

どう説明しようか悩んでいた。

そんな、子供のお使いのようなことしてどうする。

でもどうしても、頼まれた犬を連れて帰る気になれない。

福崎さんに電話をかけてみたが、

山の中の施設のため、当時は圏外で繋がらなかった。

心の葛藤のまま、決める時間が来た。

 

「希望する犬の所へ行ってください」

ベスト3が貰われてくれれば、仕方なく白犬にしたと言える。

そうゆうことにしよう!

だが誰も動かない。

え? なぜ? どういう現象?

重い空気が流れている。

時計の秒針の音が聞こえきそうなほど、

追い詰められた気持ちになった。

こうゆう状況が苦手な私は、 

現状打破のため白犬をもらいに行った。

いくつかの書類にサインして手続きを済ませる頃、

やっと、他の人たちも動き出していた。

後日聞いたら、あの日、新しい家族が見つかったのは3匹か4匹だけで、残りの犬は愛護団体が必死に探したとのこと。

命を預かるのでいい加減な感情ではだめなのはわかっているが、

徳島県の人口78万人でこの数は、何だか悲しいなと思った。

 

そういう私も、いい加減な感情で

頼まれてもいない白犬を連れて帰った。

 

 

 

めいちゃん情報 11月21日(月)23時30分

めいちゃん情報 - - harness

19日目

 

まず、不思議な音がしました。

午後4時すぎ、自宅の周りでドーンと大きな音がしました。

2階にいたお嬢さんは、外で聞こえたそうです。

1階で診療中のお父さんは、2階から音がしたので

めいちゃんが帰ってきたのかと思い

一時診療を中断して2階へ上がり

「めいが帰ってきた?」と確認。

結局、何の音かわかりませんでした。

 

 

午後6時30分目撃情報をいただきました。

 

地図の左下、

ミニストップの店員さんから連絡がありました。

めいちゃんの事情を知っているお客さんが、

太田橋(福崎家から江藤病院にかかる橋)で

たった今、白い犬を見たという話を聞いたそうです。

 

家族全員飛び出して探しに行きましたが、

見つけることはできませんでした。

 

情報をありがとうございました。

めいちゃんは見つかりませんが

ずっと気にかけてくださる方がいることに

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM