徳島のパピーたち 序章 プラス

徳島のパピーたち - - harness

 

10カ月の愛情は 10年の信頼に。

盲導犬候補の子犬を家族の一員として迎えるボランティア。

「パピーウォーカー」

そのときに学んだ社会のルールや人への信頼が、

盲導犬の活躍を支えています。

 

国際盲導犬の日にちなんで、このポスターを作製したところ

パピーウォーカーさんから感激の声が・・・

10年の信頼に繋がっていたのか…と改めて思ったのです。

 

預かっている10ヶ月間は、あっという間に過ぎてしまします。

その間の、泣いたり、笑ったり、怒ったり、悩んだり…

それはすべて愛情でした。

終わった後から、ああすればよかったかな、

こんなことしてあげたらよかったかなと思ってみるのですが、

そのときは家族を巻き込み怒涛の日々でした。

 

それでも10ヶ月が過ぎ、

どの子も愛情たっぷりに、自信を持って送り出しました。

あふれる涙とともに…

 

ここにこうして、ポスターとなった写真を見ると

ひとりひとり思い出すのです。

必ずある強烈なエピソードとともに…

 

これから少しずつ、パピーウォーカーさんに

パピーとの思い出を綴っていただきます。

お楽しみに

 

Sugii

 

ネタ不足を心配して、かーこさんが

企画・情報収集・編集・掲載を担当してくださいました。

 

 

 

パピーウォーカーの皆さま 

写真を探したり 昔の記憶を引き出すという大変な作業をしていただき

ありがとうございました。(かーこ)

 

 

 

え〜明日からなの…と思ったあなたのために、ひとり紹介します。

↑

すみません。

これからパピーウォーカーの連載はあの子とか、うちの子とか

ついつい犬を擬人化してしまうのでご了承ください。

 

 

 

ココ

「怪奇現象がつぎつぎと…」

 

 

何事もない穏やかな日常に

突然、嵐のようなお転婆娘「ココ」がやってきました。

どちらかというとのんびり屋の子供たち3人は

戦々恐々の日々に変わり、

飛びつき、追いかけ、じゃれ噛みと三拍子揃ったどう猛犬から

「自分の身は、自分で守る」ことを始めました。

 

そんなある朝、怪奇現象は起こったのです。

当時、小学生の娘がソックスを片方履いて

もう片方を履こうとすると無い。

「ソックスが消えた〜」と大騒ぎ。

そんなはずはないと探しても、どこにも無い。

しまいに娘は無くなっことを怖がって泣きだす始末…

 

そして、二日後発見‼

なんとココの💩の中から…

くわえて行って隠したのではなく、飲み込んでいたのです。

 

他にも、脱いだソックスがなくなったり…

「メロンパンナちゃん」がいなくなったり…

気か付かないうちに飲み込んでいるのです。

おかげでココのいるリビングはいつも片付いていました。

 

とりあえず、出てきたものは、

💩の中の状態を見せて「洗って使う?」と聞きます。

さすがに「洗って」とは言いませんでした。

言われても困るけど…

 

 

行方不明になったメロンパンナちゃん(約3cm)

すごく心配していたのに

発見後、すぐに葬られてしまいました。

 

Docomo6

 

ココ・カレン・セリアのお転婆三人娘を預かった私たちは

徳島で初めてのパピーウォーカーです。

 

Sugii

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM