一緒に、歩いている。No3

一緒に、歩いている。 - - harness

8月12日 阿波踊り

どんな会話をしながら踊ったのでしょうか。

ヴァルデスと最後の阿波踊り。


「いけるで?」暑さを気遣い、うちわで扇ぐ。


ハーネス連始まって以来、ずっと向かって右端が山橋さんの定位置。
今年も、その場所を空けておくから、二人で戻っておいでよね。



これは、2013年ですが、訓練士さんと一緒に



 

2000年、山橋さんが突然「連を作って踊ろう」と言い出したのです。

「えっ、踊れるの?」

「なんで? 教えてくれたら、踊れる!」
 

 

それまで、「盲導犬と一緒なら何でもできます」とか

「視覚障がい者の社会参加」など

綺麗事を言っていた自分が、恥ずかしたったのを覚えています。
 

 

翌年2001年、阿波踊り「ハーネス連」が誕生しました。

以来、毎年8月12日 市役所前演舞場、両国橋演舞場へ踊り込んでいます。

盲導犬ユーザー、視覚障がい者、当会の会員、ボランティア登録者なら誰でも踊れます。

また、その方から紹介があると参加できます。

山橋さんが残してくれた「ハーネス連」

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM