フーガに余生送る場を

報道 - - harness

2018年4月22日㈰

徳島新聞朝刊

(クリックすると大きくなります虫めがね

 

 

🍀 松田さんからの伝言です 🍀

 

私には犬の娘が3頭います。
長女のヒルダ。次女のイニース。三女のフーガ。
それそれに私を幸せにしてくれました。
ヒルダとイニースは、次の盲導犬と歩くためには手放さなければならず、
泣く泣くお別れをしました。
彼女たちを引き取ってくださった方はとても大切にしてくださり
私の分まで幸せにしてくださいました。

 

フーガは私にとって最後の盲導犬です。
なんとか最期まで世話をしてやりたいと思っていました。
しかし、周りの方から余生はお願いした方がいいと助言をいただきました。
私は、一人暮らしです。
老化や病気を気づくのが遅くなり、手遅れになってはかわいそうだし。
まだまだ元気なフーガを思いっきり遊びに連れて行って欲しい。
大変申し訳なく思いながらも、フーガを幸せにしてくださる方にお願いすることにしました。

 

引退は来年3月です。
少し早めの引受先探しですが、今から交流をもっていただき、
徐々に慣れていきたいと思います。

 

今までフーガが過ごしてきた環境を、できるだけ変えたくないのでお願いしたいことがあります。

 

⒈ 終生、家族として可愛がってください。

 

⒉ 茶の間・リビングといった人が集まるところでリードなしに自由に過ごさせてください。

 

⒊ フーガは病気しらずの元気な子です。健康管理をお願いします。
毎年の健康診断やフィラリア予防薬・ノミダニの駆除薬をお願いします。
少しでもおかしいと思ったら、すぐに病院へ連れて行ってやってください。
(医療費は徳島の盲導犬を育てる会が負担)

 

⒋ 毎日、散歩に連れて行ってやってください。
私がしてやれなかった海や川など、自然の中での遊びも体験させてやりたいです。

 

⒌ 私が住む鳴門市に近い方が希望です。

 

⒍ できれば、他にペットがいないほうが望ましいのです。

 

⒎ 甘えん坊のフーガです。撫でて欲しくてもたれて来ます。
そうぞ時間の許す限り付き合ってやってください。

 

以上、たいへん厚かましいお願いで恐縮ですが、
これがパートナーとして最後のしてやれることです。
よろしくお願いいたします。

 

 

 

Sugii

 

無料ブログ作成サービス JUGEM